どん底から這い上がるまでの記録

どん底から這い上がりたいけど這い上がれない人がいろいろ書くブログ(主にプログラミング)

pythonとtkinterによるGUIアプリケーションの作り方

 

この記事ではpythonに標準で入っているGUIアプリケーションを作成するためのライブラリtkinterの使い方についての記事をまとめたり、それらを使って実際にGUIアプリケーションを作ってみます。今のところ、AIと対戦できるオセロや将棋といったアプリケーションを作る予定です。

 

 

関連リンク

An Introduction To Tkinter

Tkinter 8.5 reference: a GUI for Python

widgetの作り方

ここではtkinterwidget(部品)についてまとめていきます。

tkinterでアプリケーションの開発をするときWidget(部品)を組み合わせて構築していきます。Widgetの作り方は次のとおりです。

widget = ヴィジット名(parent, **options)

基本的にヴィジット名には部品と同じ名前が付けられています。例えば、ボタンだとButton、ラベルだとLabelといった感じです。

(例)button = Button(parent, **options)

引数のparentにはその部品の配置先を指定し、optionsでその部品の設定を行います。

Window

tkinterでの最初の一歩、アプリケーションのメインウィンドウの作成をする。

pytry3g.hatenablog.com

Button

ボタンを作ってみる。 

pytry3g.hatenablog.com

Canvas

キャンバスを使ってみる。

キャンバス上に線を引いたり、図形を描いたり、文字を描いたり、画像を貼ったりします。

pytry3g.hatenablog.com

Label

Labelを使ってみる。

pytry3g.hatenablog.com

RadioButton

www.pytry3g.com

Text

www.pytry3g.com

Listbox

www.pytry3g.com

スクロールバー

www.pytry3g.com

Widgetの配置

Widgetの配置方法について

grid

www.pytry3g.com

pack

www.pytry3g.com

place

www.pytry3g.com

event

イベントを使っていろいろしてみます。イベントを使えばCanvas上の図形を動かすことができたり、線を引いてお絵かきアプリみたいなこともできるようになります。

Canvas上の図形と画像を動かす。

tag_bindを使ってCanvas上の長方形と画像をドラッグ・アンド・ドロップで動かしてみる。

pytry3g.hatenablog.com

その他

メッセージボックス

www.pytry3g.com

なんか作る

オセロ

オセロ盤をつくる

pytry3g.hatenablog.com

 

pytry3g.hatenablog.com

三目並べ

www.pytry3g.com

AlphaZero

www.pytry3g.com