どん底から這い上がるまでの記録

どん底から這い上がりたいけど這い上がれない人がいろいろ書くブログ(主にプログラミング)

さよならWindows10(@^^)/~~~USBからUbuntuをWindows10にインストール

 

先日、新しくDellのXPS13を購入した私。

www.pytry3g.com

 

Windowsマシン2台あっても仕方ないなー

コマンドプロンプトじゃなくてターミナルが使いたいなー

 

よし、XPS13をUbuntu専用マシンにしよう!!!

ということで、Windows10にさようならしてXPS13にUbuntuを入れてみました。

 

 

必要なもの

今回は本屋などで販売しているLinuxの雑誌に付属されたDVDではなく、USBメモリを使ってUbuntuをインストールします。(※4GBあれば大丈夫です。)

f:id:pytry3g:20191104210159p:plain

あとは、WindowsPCがあればおkです。

f:id:pytry3g:20191103172407p:plain

Ubuntuインストール用のUSBメモリの用意

Rufusのインストール

インストール用のUSBメモリを用意するには、Rufusというオープンソフトをインストールする必要があります。RufusUSBメモリをインストールメディアにするために使います。

ブラウザからこちらにアクセスし、最新版をダウンロードします。

f:id:pytry3g:20191110120714p:plain

ダウンロードしたrufus-3.8.exeを実行します。ユーザーアカウント制御のダイアログが表示するので「はい」を選択します。

Rufusの更新ポリシーを聞かれるので、

f:id:pytry3g:20191110121201p:plain

私は「いいえ」を選びました。ここはお好みで。

すると、以下のような画面が表示されるはずです。

f:id:pytry3g:20191110121252p:plain

私はUSBメモリをPCに差している状態でRufusを起動したので、バイスのところが差しているUSBメモリになっていました。

Ubuntuのisoファイルをダウンロードする

Ubuntuのisoファイルを こちら(英語版)からダウンロードします。(※isoファイルは約2GBあったので、4GBのUSBメモリがあれば十分でしょう。)

私は英語版のものをダウンロードしました。日本語版のものはこちらからダウンロードすれば大丈夫だと思います。

isoファイルをUSBメモリに書き込む

次にダウンロードしたisoファイルをUSBメモリに書き込みます。isoファイルをUSBメモリに書き込んだらUSBメモリ内にあるデータは消えてしまうので、消したくないデータがあるならバックアップをとっておきましょう。

「デバイス」が書き込み対象のUSBメモリであることを確認したら、「選択」を押して、ダウンロードしたisoファイルを選択します。

f:id:pytry3g:20191110185906p:plain

 

ブートの種類のところがダウンロードしたisoファイルになっていることを確認したら、「スタート」を押します。

f:id:pytry3g:20191110190727p:plain

「スタート」を押すと、ダイアログがいくつか表示されますが、私はすべて「はい」を選択しました。

状態のところが準備完了からISOファイルをコピー中となり、USBメモリにisoファイルを書き込んでいる状態になります。書き込みが完了したら再び準備完了となるはずです。

さよならWindows10

USBメモリに書き込みが完了したら、BIOSの設定を変更します。

UbuntuをインストールするPCにUSBメモリを差し込んで電源をつけます。電源ボタンを押した直後に「F2」を押すとBIOSの設定画面を開きます。

BIOSの設定変更(※Dellユーザー)

UbuntuDellのWindowsPCにインストールするにはBIOSのSystem Cofigurationの設定変更が必要なようです。

System ConfigurationのSATA OperationではRAID OnになっているのをAHCIに変更します。

f:id:pytry3g:20191110214729p:plain

BIOSの設定変更(Boot Options)

Bootの順番を変えてUSBから起動するように設定を変更します。

私のPCの場合、BIOSの設定画面のBoot OptionsからBootの順番(Boot Sequence)をUSBメモリが最初に起動するようにして「APPLY CHANGES」を押し設定を変更しました。

f:id:pytry3g:20191110194102p:plain

画面右下(上の画像にないですが)のExitを押すと、PCが再起動して真っ黒い画面が表示されると思います。ここからUbuntuのインストールをしていきます。

Ubuntuのインストール

真っ黒い画面が表示されたらtry ubuntu without installが選択されている状態で、何もしなければインストールせずにUbuntuが起動します。起動したらデスクトップの左上に差しているUSBメモリが表示されているので、それをダブルクリックしたらインストーラが起動します。

あとは、自分のお好みの設定をしてインストールするだけです。

No WiFi Adapter found(wifiアダプターが見つかりません)

無事、Ubuntu18.04をWindowsマシンにインストールできたんですが、Wifiが使えませんでした。Wifiの設定を開くとまさかのNo WiFi Adapter foundの文字が、、、

苦労の末になんとかWifiを使えるようにしたので、自分がやったことについて紹介したいと思います。

ステップ1:有線LANアダプターを用意する。

f:id:pytry3g:20191117132151p:plain

有線でインターネットに接続します。

 

ステップ2:ターミナルから以下のコマンドを実行する。

Ctrl+Alt+Tでターミナルを開いて以下を実行。

$ sudo add-apt-repository ppa:canonical-hwe-team/backport-iwlwifi
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install backport-iwlwifi-dkms
$ reboot

再起動すると、画面右上にWifiのアイコンが表示されていました。

あとはどの無線を接続するかの設定をするだけです。

参考記事

以下、今回Ubuntuをインストールするときに参考した記事です。

Linuxをインストールできる「ライブUSBメモリ」をWindowsで作成する方法【スクリーンショットつき解説】 | LFI

Windows 10でUbuntuのインストール用USBメモリを作成 | 普段使いのArch Linux

Windowsを削除してUbuntuをUSBからインストールする - YoshinoriN's Memento

boot - Ubuntu install saying not enough disk space - Ask Ubuntu

Ubuntu: how to fix the UEFI Secure Boot - change password - Ask Ubuntu

Killer AX1650 in Debian/Ubuntu 16.04+ – support.killernetworking.com